【3362文字】

前回の富山レポ(→こちら)に続きまして、deepredさんの北陸風俗レポートです。
今回は北陸新幹線の終着駅となる金沢の風俗レポートです。

北陸ってあまり行く機会がなさそうですが、行ってみたいですねー。海産物が美味しそうです。

ちなみに、「北陸新幹線」のルートは
↓こんな感じらしいです。↓
av-comming-map
金沢まで二時間半なんですね。

≪金沢市街地≫
54_120061103_1_1


-------------------------------------------

富山で体験(→こちら)したのとギャクパターン

2ヶ月に1回位北陸に出張に行く機会があり

過去に地方デリで痛い目にあったことあるので敬遠していたが

新幹線開通記念事前レポを書こうということで突入してみた富山に続く第2弾の金沢編

今回は2月に体験した金沢の嬢のお話し

【店名】 金沢「ミセスグラマラス」


【女性】 ゆき(34) 148・83(C)・60・90

【予算】 イベント75分13000円+指名込み0円(本指名1000円)
la_grpb0000427660_0000000000pc
la_grpb0000427660_0000000001pc


金沢で宿泊だったので事前に”呼べるホテル”を調べて予約しておく

実はミセスグラマラスともう1店Cを候補に上げており悩んでいたが

コイン占いで別店のCに決定し昼間のうちに予約を入れた

(ミセスグラマラスの75分13000円という低価格に少々不安もあったし)

夕方ホテルにチェックインしてC店に再度電話をするととあるトラブルでキャンセルに!

いや~慌てました(^_^;)

ただそれからクライアントと会食に行く約束があったので対戦予定までの時間には余裕はあります

ミセスグラマラスのHPを再チェックして22時半位に空いていそうで且つよさげな嬢を2名ピックアップ

相談の結果店長から本指名率No1の触れ込みの”ゆきさんを推薦いただいた

会食でビールを飲んでほろ酔い気分で部屋に戻る

大風呂付のホテルなので軽くお風呂にも入っておく

HPで”ゆきさん”のプロフィールを再チェックしたりして期待に下半身を膨らませを待っていると

9時半くらいだったかお店から10時半の予約ですが10時~10時15分の到着で良いですか~と連絡があり

こちらは準備万端なので「どうぞ~」と余裕をくれて返答したがワクワクソワソワ

10時15分にドアをノックする音が

店長の推薦もあったが年齢表記やウエストサイズに不安を感じつつドアオープン

後でゆきさんにも話したのだが意外にかわいい!

スタイルはウエスト表記意外は実寸って感じでしょうか?お尻と太ももはりっぱです。

ゆきさんから握手を求めてきて

ゆき「こんばんは~ゆきです、よろしくお願いします。楽しもうね~~!」

deep「こんばんは、宜しくね!想像してたより可愛い!」

「それってどうゆう意味~?」

d「もっとおばさんぽいかと思ってた!」

「充分おばさんだよ~、スタイルも悪いし~!」

とそんな会話をしながら料金をお支払いしスタート

「もうお風呂入ったんだ~、じゃあ入らなくてもいい?私だけ洗ってこようか?」

そんなもったいない!それは何故か?

≪ミセスグラマラスがお客様にお約束する4つのおもてなし≫

約束1 全身密着ボディ洗い

約束2 ねっとり仁王立ちフェラ

約束3 身体の隅々まで全身リップ

約束4 秘密

そうなんです折角の全身密着ボディ洗いを体験しない訳にはいかない

ということでバスルームに行きムフフ

優しくねっとりとボディ洗いをしてくれるとジュニアも大喜び

そしてそのまま仁王立ちフェラへ・・・・かなり上手・・・ヤバイ逝きそう・・・

ベットに戻り部屋を若干暗くしてプレイ再開

「受けと攻めとどっちがいいですか?」

d「両方!」

「じゃあ、最初に私から攻めますね!」

DKから始まり首筋・乳首・わき腹へ進む

「どこか気持ちいいいとこありますか?」

d「ここ!」(ジュニアを指差して)

「そこは当たり前!他に気持ちいいいとこないですか?」

d「そうそう右の脇腹と右の背中のパンツのゴムの上辺りで性感帯が時々出没するんだよね」

この一言が後で快楽の奈落の底に落ちる事になる

ゆきさんが僕の性感帯を探すように撫でまわす

脇腹は出没しなかったが背中は的中

大体の場所が分かると舌で舐めてみたり指先を滑らせるように撫でる

その舌や指先がポイントを通り過ぎる時

僕の身体は生簀から出したばかりの活魚のようにピクピクとする

(本当は攻めてピクピクさせたいのだが・・・)

「キャー面白いピクピクする!どうして~?」

d「ど、ど、どうし・・・てって・・・いわ・・・れ・・て・・も・・・・」

「ふ~ん、ここが気持ちいいんだ~!」

ゆきさん女王様口調になってきました

「何処が気持ちいいの?」

「どうしてもらいたいの~?」

「なんでそんなにピクピクするの?」

と言葉を掛けながら執拗に攻めてきます

d「なんか・・頭が・・・白く・・・なって・・・き・・ま・・し・・た・・」

「deepばっかり気持ちよくなってずるいから交代しましょう!」

ということで受けから攻めに交代です

こちらも負けじと(余り無い)テクニックを屈指します

声はあまり出しませんが結構良い反応をしてくれます

DKから首筋そして胸から本の丸へのZLを時間をかけ丁寧に

あそこはとても良い湿り加減です

乳首をイジイジしながら本の丸へ指を侵入させます

狭いです!2本だと痛いそうです!

1本で優しく奥やDスポを攻めているいると

僕のジュニアを握ぎ握ぎしながら

「そんなにいじめると逝っちゃいそう~!逝ってもいいの~?」

逝ってもいいの~の意味が分からなかったのですが

d「逝って欲しい~!」

「気持ち・・い・・い・・・・・、い・・・い・・逝く~~~~~!」

「あ・・あ・・・あ~~~・・・指・・指・・・抜かないで~~!」

1本指を締め付けてヒクヒクしています

「ありがとう、気持ちよかった~!ヒクヒク分かった?」

d「凄くヒクヒクしてたね~」

「どうやって逝きたい?」

d「どうやってとは?」

「お口か手か?」

d「ここで逝きたい!」

「だ~~~め!」

さてまた攻守交替になります

少しジュニアの元気がなくなってきたので

「後ろ向きになって~!また攻めてあげるから!」

トコトン攻められました頭が白くなってきました

快楽の奈落の底に行き着きました

当然ジュニアは張り切っています

僕は抱き合いながら女性が漏らす声を耳元で聞くのが好きなのですが

d「ゆきさんの感じてる声聞きながら逝きたいな~」

「じゃあこおゆう形でする?」

と言って顔を近づけてきて僕の手をゆきさんのあそこに導き僕のジュニアをしごき始めました

ゆきさんの声とジュニアのローションそして指を締め付けるあそこ

たまりません!そろそろ沸点に近づいてきました

ゆきさんの声も少々大きくなってきて

d「そろそろ逝きそうになってきた」

「わ・・た・・し・・も・・」

二人の指の動きが激しくなります

僕が限界を迎える少し前に

「い・・い・・逝く~~~!」

d「ぼ・・ぼ・・く・・も・・!」

「凄~く気持ちよかった~」

「それに沢山出たね~」

d「ゆきさん上手だし、なんか相性が良かったからね」

処理した後も二人でくっついて布団を掛けていろいろ話をしました

あっというまの75分でしたが時間配分もとてもよかった気がします

ゆきさんのホスピタリティーはとても素晴らしいですね

ゆきさんは身長も小さいのでDB感は少ないと思いますが

下半身が結構立派な安産型嬢でしょうか

お顔は
伊藤蘭
伊藤蘭

藤田朋子
fujita

広末涼子
view0017070913


のようなスペッとしたお顔(僕は好きです)

20代の頃はメイクばっちりならそこそこの美人顔だったと思われる

でも20代・高身長・スレンダー・ナイスバディ好きの方には不向きですね

ルックス・スタイルよりもサービスや相性性格重視の方にお勧めします

とにかくお客さんに楽しんで貰いたいと気持ちにあふれていて

”お金を頂いているので、それ以上の対価のサービスをしてお客様に喜んで貰いたい!”

とゆきさんとてもホスピタリティ溢れる発言をしていました

”舐めたり触ったりするんだから、金払って当然だろ!”という譲とは天と地の差があります

そんなこんなで僕はゆきさんに再訪します

そして”約束4-秘密”がなんなのか突き止めたいと思います(^_-)-☆

お店に関しては店長の電話対応も良く

”ミセスグラマラスがお客様にお約束する4つのおもてなし”もあり

イベント75分13000円もとてもリーズナブル

そして美人でスタイル良くサービスも良い嬢が何人かいるそうです

そちらの方も探し当てようと思っています

これからの金沢出張が楽しみになってきました

長々とお付き合い頂き有難うございました